人気ブログランキング | 話題のタグを見る

三原エリアの売却不動産増加?

 私が気にしている指標のひとつに広島宅建協会が管理運営している不動産検索サイト「スマイミー」の三原エリアの不動産売買物件の数があります。ここ数年280~290件程度で推移してきましたが、今年に入り300件超えできています。それでは三原エリアの売却不動産が増えてきているのかと言えば、私は単純にそうでないと思っています。確かに重複物件もありますし、新築在庫物件や開発団地内のすべての区画を個々に掲載するケースもあります。また「スマイミー」に参入する不動産会社も増えてきているのも事実です。もう少し細かく掲載物件を見ると郊外の土地や築30年以上の老朽化建物が多く、長期滞留物件が多くあります。売れる物件とそうでない物件に分かれ、完全に二極化の流れになってきています。当社の場合でも売れる物件は1ヵ月以内で売れていっていますし、長いものですと5年以上預かっている物件もあります。三原エリアの売却不動産の増加は売れない物件の件数の滞留と新規参入組による掲載が原因です。私の実感でも三原で中高価格帯の1500万円~3000万円位の物件は少なくなってきて、郊外の土地や老朽建物が多く1000万円以下やそれこそ500万円以下の解体したほうが良さそうな物件が増えてきています。しかし、相続で受け継いだ老朽建物や郊外から市街地への買い替え相談も増えてきているのも事実ですので、そのような空き家問題をサポートできるよう、当社では「空き家サポート事業」を立ち上げましたのでお気軽にご相談ください。
三原エリアの売却不動産増加?_c0339918_11002016.jpg

by koeiomyo | 2015-04-06 09:40 | 不動産 | Comments(0)