人気ブログランキング | 話題のタグを見る

過熱する不動産投資?

 先日、NHKのクローズアップ現代で「過熱する不動産投資に異変!賃貸住宅ビジネスの深層」という番組がありました。ランドセットと言って土地と賃貸住宅込々、家賃保証付きで投資家、サラリーマンに勧めるビジネスなのですが、賃貸住宅が建ち過ぎて供給過剰になると10年過ぎて保証家賃金額を下げていくの採算が合わず立ち行かなくなっていくという内容でした。「シェアハウス」のTATERUの件や会社ぐるみの手抜き工事のレオパレスの件もあり、金融機関も貸出を締めてきているので最近は以前ほどの投資意欲はないのかな?と個人的には思っていました。が、保証家賃を下げるのが10年後ですから、ちょうど10数年前に賃貸住宅ビジネスに参入したにわかサラリーマン投資家には今、問題に直面しているのでしょう!土地を所有している地主さんであれば、建物費用だけの借入のみなので、充分対応できるのでしょうし、相続対策にもなりますのでまだ傷口は小さいので大丈夫でしょうが、自己資金なしで参入したサラリーマンはこれからの建物維持費用なども考えれば気が気でないでしょう!このようなことは不動産ビジネスをしているものにとっては予見されていることですし、余程のことがないかぎり、我々は手を出しません。少子高齢化の日本では賃貸住宅の供給過剰な状態は当然マスコミにも取り上げられていますし、警告する本などもでています。基本、自己責任の範疇だと思いますが、賃貸住宅ビジネスの営業マンは歩合制が多く、しつこいので根負けされた方もいるかもしれません。また、老後の資金が2000万円必要などと言われていますので、将来に向けての資産形成をされている方は少なからずいますし、最近も賃貸用に老朽した中古住宅を購入したり、中古アパートへの投資欲も現実には旺盛です。この番組がその投資欲に冷や水をかけるか?注視していきたいと思っています。

過熱する不動産投資?_c0339918_12173772.jpg
過熱する不動産投資?_c0339918_12174685.jpg

by koeiomyo | 2019-10-11 12:20 | 不動産 | Comments(0)