三原市の不動産屋ならではの情報や旅行、B級グルメ、ゴルフ、山登りなどの趣味のことなども紹介したいと思います。


by 2-yossan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 今週は凄い雨で、福山では河川決壊があったり、三原市内も至るところで小規模の土砂災害などの被害が出ている模様です。今日も朝からひどい雨で一時どうなることかと心配していました。当社の管理している物件も雨漏りによる停電が1件ありました。また幸崎方面では住宅隣接の山が崩れており、山の所有者が近所の民間の人らしく、土砂の処分や補償問題はどうなるのか、他人事ながら心配しています。これまでこのプログで幾度も触れてきましたように老朽した建物や山、川に近い土地は最近の集中豪雨などの異常気象で更に所有リスクは高まっています。今夜も予報では大雨になるということですから、大事にならぬよう祈っています。
[PR]
by koeiomyo | 2016-06-24 17:07 | なんでも | Comments(0)

古民家再生???

 今日は梅雨の中休みで良い天気となっています。ですが明日からまた雨模様みたいです。まだ梅雨明けはずっと先のことでしょう。舛添都知事問題もようやくケリがつきました。人間引き際が肝心ですね!
 最近の取引は商談から契約まで時間がかかっています。自己資金の少ない人が住宅ローンを改修費を含んで借入をしようとされているので改修工事見積書の準備に時間がかかったり、売主が遠方にお住まいで、尚且つ共有名義になってたりするので郵送手続きで時間がかかったり、老朽物件なので物件調査に時間がかかったり・・・。ということは最近の取引の傾向は自己資金の少ない人の少し無理目の検討が多くなっていること、そして改修した方が良さそうなお手頃?価格の老朽物件や相続などで取得した空き家(実家など)が市場に多くなっているということでしょうか?それでも直して売れそうな物件はましな方で、手のつけようのない物件も多くなっています。巷では空き家対策で老朽建物を改修して、古民家として再生利用と簡単に言われていますが、実際は耐震や境界のことなど多くの法律的な問題(建築基準法、宅建業法等)があり、手数料商売の不動産屋としては一歩踏み込めない部分もあることも事実です。ボランティアとして所有者の理解が得れれば可能なのでしょうが、実際、本町の山脇邸もかなりのボランティアの労力と時間、そして補助金が出ているとお聞きしています。尾道のように観光客で賑わう街でしたらまた違うのでしょうが・・・?

[PR]
by koeiomyo | 2016-06-18 11:16 | なんでも | Comments(0)

天満市長に「喝」!?

 本日、チラシ掲載日です。当社の西野の新規分譲地やサーパス城町2番館、4番館を掲載していますので、よろしくご検討ください。西野の分譲地は西小エリアでフレスタ、ダイキにも近く中心価格帯が800万円台と大変お手頃で、おかげさまで既に3区画商談が入っています。今週ようやく工事も終了しましたので、先着受付開始とさせていただきます。建築条件もなく、お好きな住宅メーカーでプランを検討してください。お早目のご検討お待ちしています。
 さて、昨日の中国新聞に天満市長が地元の小坂町に古民家を購入して、無駄な美術館を作ろうとしています。こんな無駄な税金の垂れ流しを流石、議会は通さないと思っていましたが、まとまな市会議員もいるもんだとある意味感心もしています。この場所は三原出身の画家「秦森康屯」の生家があったところではありますが、今の建物は全然関係のない第三者の住宅です。裏手の山に墓所もあるらしいですが、ここに行くまでの道路も用悪農道で道幅も2M位の道路です。こんなところに誰が行くというのでしょうか?天満市長の頭を疑ってしまいます。自分の地元への貢献?のつもりなのでしょうが、舛添都知事同様、税金を自分のお金と思っているのでしょうね!新聞に掲載されたことで、この件が注目されて否決されることを三原市民として切に望みます!
c0339918_13264375.jpg

[PR]
by koeiomyo | 2016-06-11 13:28 | なんでも | Comments(0)
 先週末に中国地方も梅雨入りし、これから一か月半位は雨の多い日が続くのでしょう。降らないと降らないで農業従事者は困るのでしょうし、ほどほどの雨降りであればと思っています。この時期は売地などの管理地に雑草が油断すると大変なことになるのですが、梅雨の時期に雑草をいくら刈ってもすぐに生えるので、梅雨明け時期を見計らって手配しようと思っています。
 また相変わらず老朽建物の売却相談は多いのですが、同じ築30年、40年と言っても、大事に使われていたり、住まなくなってからも1~2か月程度に1回、簡単な清掃をしてたり、手をかけている物件はそれなりに味わいもあり、手直しも必要最低限で済みそうですし、維持管理程度で価値がずいぶんと差が出てきます。この梅雨の時期の窓の開け閉めで空気を入れ替えることは手間がかかりますが、家へのダメージは少なくなります。中には築30年程度でも解体費用を引かないと売れそうもない物件も多々見受けられます。

[PR]
by koeiomyo | 2016-06-07 16:44 | 不動産 | Comments(0)