人気ブログランキング | 話題のタグを見る

 4月も半ばを過ぎようとしていますが、今年の天候は今ひとつでまだ電気ストーブを利用しています。こういうのを花冷えというのでしたっけ?天気予報を見ると来週もどんよりとした天候が続くみたいです。今日は最近の天候と同じようにスッキリしないお話です。
 不動産の所有者を調べるのは全部事項証明書の甲区の欄を見て判断します。しかし、昔の場合、相続が発生しても相続登記費用を節約してか?もしくは当然長男が継ぐということで、そのままにしているケースがよくあります。登記簿上の所有者が既にお亡くなりになっている人ということです。別に所有している分には困りませんが、いざ処分しようとした場合、相続時まで遡り、すべての相続人から判子をいただかなければいけません。相続が発生して数年でしたら、相続人の数もしれていますし、相続人もすんなり判子を押印してくれますが、時間が経過すると、それこそ登記簿上の名義が曽祖父とかいった場合、何十人の所在を調べて、すべての相続人の判子を頂かなければ不動産を処分することはできません。すべての人と親戚付き合いをしていれば、問題はないでしょうが、遠方に入っていたり、その方もすでにお亡くなりになっていて、すでに他人が相続人になっていたりしています。話がまとまらなければ、最悪、調停ということにもなりますが、時間と金がかかります。大体1~2年、金額も100万で済めば良しという感じですので、普通そこで放り出すことになります。その連鎖が更に下の相続人に承継されますので、時間と金がかかろうがその代の責任としてやったほうが良いのですが・・・。現実は理屈通りいきません。更に困ったことがあります。固定資産税という税金です。恐らく、直系の相続人のところへ相続財産管理人ということで、請求がいっていますので処分できなければ、毎年支払い続ける羽目になります。昔の資産家、所謂、旧家で土地持ち、山持ち、田畑持ちの場合で、売るに売れず、困っているケース、相談が多くなっています。山とか田畑は評価が低いですが、つもり積もればかなりの負担になります。要らないからと言って、寄附もできません。最終手段として、相続放棄がありますが、他の相続人のところへつけが回ります。良い手立てがないか?司法書士とも話をしていますが現実は難しい!かわいそうですが、相続財産管理人が然るべき人と相談して、時間とお金をかけて解決するしかなさそうです!そんなことを考えると怖いですね!

# by koeiomyo | 2015-04-16 10:31 | 不動産 | Comments(0)

競売物件

 昨日は不動産競売物件の開札がありまして、当社も2件入札していましたので福山地方裁判所へ行きました。結果は予想通り、当社が入札していた案件は500万以上の大差で落札はできませんでした。大体入札される業者の顔ぶれは同じような感じでしたが、あまりにも高い落札金額ですのでついていけません。一般で売り出すより高い金額で落とされているので、理解に苦しみます。落とすことが目的となり、それでは赤字でしょう。大きい会社は余裕ですね?もはや競売物件の妙味はありません。
# by koeiomyo | 2015-04-11 10:54 | 不動産 | Comments(1)

桜と日本丸!


 先日の日曜日の夕方、筆影山に行き桜を見てきました。週末の雨でほとんど散っていましたが、散り際の桜もなかなか風情があります。またその日は日本丸が糸崎埠頭に停泊しており、丁度出発時刻で須波港前を通過していました。間近で見ると凄いスピードでした。いつかはのんびり優雅な旅をしてみたいものです!
桜と日本丸!_c0339918_13183819.jpg
桜と日本丸!_c0339918_13311901.jpg

桜と日本丸!_c0339918_13194843.jpg



# by koeiomyo | 2015-04-07 13:34 | なんでも | Comments(0)

 私が気にしている指標のひとつに広島宅建協会が管理運営している不動産検索サイト「スマイミー」の三原エリアの不動産売買物件の数があります。ここ数年280~290件程度で推移してきましたが、今年に入り300件超えできています。それでは三原エリアの売却不動産が増えてきているのかと言えば、私は単純にそうでないと思っています。確かに重複物件もありますし、新築在庫物件や開発団地内のすべての区画を個々に掲載するケースもあります。また「スマイミー」に参入する不動産会社も増えてきているのも事実です。もう少し細かく掲載物件を見ると郊外の土地や築30年以上の老朽化建物が多く、長期滞留物件が多くあります。売れる物件とそうでない物件に分かれ、完全に二極化の流れになってきています。当社の場合でも売れる物件は1ヵ月以内で売れていっていますし、長いものですと5年以上預かっている物件もあります。三原エリアの売却不動産の増加は売れない物件の件数の滞留と新規参入組による掲載が原因です。私の実感でも三原で中高価格帯の1500万円~3000万円位の物件は少なくなってきて、郊外の土地や老朽建物が多く1000万円以下やそれこそ500万円以下の解体したほうが良さそうな物件が増えてきています。しかし、相続で受け継いだ老朽建物や郊外から市街地への買い替え相談も増えてきているのも事実ですので、そのような空き家問題をサポートできるよう、当社では「空き家サポート事業」を立ち上げましたのでお気軽にご相談ください。
三原エリアの売却不動産増加?_c0339918_11002016.jpg

# by koeiomyo | 2015-04-06 09:40 | 不動産 | Comments(0)

 昨日は宅建協会三原支部の不動産無料相談会があり、午前中が担当で行って来ました。毎回あまり相談に来られないのに、昨日は年度始まりで固定資産税明細書も送られてきている所為か、私の担当だけで3件も相談がありました。内容は遠方にある貸家建物を巡って管理を任せている親戚との揉め事相談、維持管理できない土地の処分相談、自宅の目の前にある畑の購入相談でしたが、なかなか良い解決策、アドバイスができず、心配事をきいてあげる程度になってしまいました。それでも少し人に聞いてもらって楽になったと言って帰られる相談者をみるとこちらも少しはホッとします。
不動産無料相談会&チャンポン_c0339918_09290908.jpg
 そして、少し遅い昼ご飯を食べに「上海軒」に行きました。今、私の中で「チャンポン」がブームでして、ここ最近、古浜の「十鉄」、皆実の「こがもん」とチャンポンを食べ、昨日は三原でチャンポンと言えば「上海軒」というぐらい有名?な大変量のあるチャンポンを30年ぶり位の久しぶりで食べました。確かになつかしかったのですが、本場のチャンポンとは少し違って、どちらかと言えば「タンメン」に近い?ラーメンでした。しかし量は昔と同じで圧倒されました。
不動産無料相談会&チャンポン_c0339918_09420782.jpg



# by koeiomyo | 2015-04-04 09:48 | グルメ | Comments(0)